能 絵

能 絵 作品(タブロー)

 

作品は全て「一点もの」、絵師・浅山澄夫が能 (謡曲) の物語世界を描いた作品です。

 

浅山澄夫は能絵師活動30年の間に、

前時代 (江戸時代~大正時代) の「能絵」に見られる演能の舞台の模様をそのまま写し取るように描いた絵画や、演能中の能楽師を肖像画のように描いた能画とも違う、具象と抽象・写実と紋様等の様式美を織り交ぜた、まさに能の表現する多次元の世界が一つに集う華麗で雅やかな独自の作品世界を作り上げました。

 

オリジナリテイーの追求ですから、表現方法をはじめ、それに適したカンヴァス素材(正確には板製パネル上にアルシュ紙(コットン製)を張り、ジェッソ塗布と研磨を数回繰り返したもの)の制作、絵具等の画材についても独自の観点で選んで用い、「日本画」「西洋画」の枠を超えた「浅山画」(これは生前の本人の弁) 確立の研鑽をしておりました。

 

各作品の詳細は下項をご参照下さいませ

¥270,000

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日

 T-01

「小鍛冶」  kokaji

サイズ 51.5㎝×71.0㎝ (マット窓寸法)、 鉄(くろがね)色フレーム (アクリル仕様)

 額装サイズ 71.3㎝×90.5㎝

1987年制作   アルシュ紙、ペン+金泥+透明水彩絵具を用いたデトランプ(エッグ・テンペラ) 画法

270,000円          

 

帝の命を受けた刀鍛冶師・小鍛冶宗近が霊狐(神助)の相槌を得て無事に御刀を完成させる物語(宗近は祇園祭(京都)長刀鉾の太刀の作者として有名です)  

金泥を使った背景の赤が燃え盛るたたらの炎 をイメージさせます

宅配サイズを超える為お届は「ヤマト便」になり、配達日時のご指定は不可となります

 


 T-02

「杜 若」 kakitsubata   

サイズF4号 (24.2㎝×33.3㎝)、シルバー色フレーム (アクリル仕様)

額装サイズ 41.3㎝×50.5㎝

1999年制作 カンヴァス(パネル+アルシュ紙)、本金箔+混合画法

345,600円

 

カキツバタの花そのものは描かず、背景に花色(紫)をあしらい、上品な風情漂う、それでいてインパクトの強い作品です

     


T-03

「東 北」 touboku

 サイズF6号 (31.8㎝×41.0㎝)、ゴールド色フレーム

 額装サイズ  48.0㎝×57.3㎝

1999年制作 カンヴァス(パネル+アルシュ紙)、本金箔+混合画法

518,400円

 

梅ノ精でもある和泉式部の舞姿を描いた、しっとりと艶やかな能 

早春の宵に梅の芳香が漂うような趣のある作品です

 


T-04

「猩 々」  syoujyou

サイズP8号 (33.3㎝×45.5㎝)、ゴールド色フレーム

額装サイズ 49.5㎝×57.0㎝

1996年制作 カンヴァス(パネル+アルシュ紙)、本金箔+混合画法

691,200円

 

秋の宵の美しい月明かりの下、親友と酌み交わす酒宴の楽しさ…物語の舞台となった潯陽ノ江の波をモチーフ化し、リズミカルに表現しています  お目出度く楽しい謡曲の世界です

 


 

T-05

「江 口」 eguchi

サイズP8号 (33.3cm×45.5cm)、ゴールド色フレーム

額装サイズ 48.7cm×61.0cm

2013年制作 カンヴァス(パネル+アルシュ紙)、本金箔+本銀箔+混合画法

691,200円

 

淀川の河口・江口の里の遊女はもとは平家の姫でした。里では、娘は解脱して普賢菩薩に顕現したとの言い伝えが残っています。謡曲では西行と交わした和歌と、菩薩へと顕現していく様子が描かれています。作品は月光に煌く川面を印象的に、そして白象に顕現したと云われる船を銀箔で現しています。